関連文献

1.茶道頭・宗家

1)老中松平周防守康福(妙関子) 『片桐石見守貞昌宗関居士像』

2)二世清水動閑(道閑) 『渋紙庵之記』

3)二世清水動閑 『清水動閑註解石州流三百箇條』(三巻)及び『動閑茶湯書』(十八冊)

4)十世大泉道鑑 『清水動閑註解石州流三百箇條付仙台藩茶道』 丸善出版センター 昭和55年

5) 十世大泉道鑑、十一世大泉道鑑 「『動閑茶湯書』の解読と校注(その一)『露地之書』」 『茶の湯文化学』33号 茶の湯文化学会 令和2年

6)十世大泉道鑑 「仙台藩茶道の茶道頭・宗家の継承とその印の三種の文献」 『関』18号 全日本石州流茶道協会 平成20年

7)十世大泉道鑑 「仙台藩茶道の茶道頭・宗家の継承とその印の三種の文献(続)」 『関』19号 全日本石州流茶道協会 平成21年

8)三世清水道竿 『道竿拾躰』 東北大学中央図書館蔵

9)十世大泉道鑑 十一世大泉道鑑 『道竿拾躰』(解読) 『茶の湯文化学』28号 茶の湯文化学会 平成29年

10)十世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派の祖三世清水道竿の業績(その1) 道竿の経歴と人脈」 『関』20号 全日本石州流茶道協会 平成22年

11)十一世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派の祖三世清水道竿の業績(その2)道竿の作庭と伝わる庭園」 『関』27号 全日本石州流茶道協会 平成29年

12)十一世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派の祖三世清水道竿の業績(その3)道竿著『道竿拾躰』の解読研究」 『関』28号 全日本石州流茶道協会 平成30年

13)十世大泉道鑑 『仙台藩茶道石州流教本』 ㈱きた出版 平成14年

14)十世大泉道鑑 『仙台藩茶道石州流教本 補遺』 ㈱東北プリント 平成20年

15)十世大泉道鑑 「第8回石州流茶道全国大会を終えて」 『関』7号 全日本石州流茶道協会 平成9年

16)十世大泉道鑑 「松江の茶会の楽しい思い出」 『関』8号 全日本石州流茶道協会 平成10年

17)十世大泉道鑑 「全日本石州流茶道協会全国大会の20周年記念に寄せて」 『関』18号 全日本石州流茶道協会 平成20年

18)十世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派の特徴(その1 )仙台藩主と当流の茶湯」 『関』19号 全日本石州流茶道協会 平成21年

19)十世大泉道鑑 『石州流清水派宗家十世大泉道鑑 こと 集』 東北大学生活協同組合プリントコープ 平成21年

20)十一世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派宗家十世大泉道鑑の歩んだ人生」 『関』21号 全日本石州流茶道協会 平成23年

21)十一世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派と四代藩主伊達綱村」 『関』22号 全日本石州流茶道協会 平成24年

22)十一世大泉道鑑 「伊達政宗公の法要と仙台藩茶道石州流清水派による献茶式」 『関』23号 全日本石州流茶道協会 平成25年

23)十一世大泉道鑑 「仙台・青葉まつり」での仙台藩茶道石州流清水派の茶会」 『関』24号 全日本石州流茶道協会 平成26年

24)十一世大泉道鑑 「みちのく伊達文化の会」主催ワークショップにおける仙台藩茶道石州流清水派のお点前披露」 『関』25号 全日本石州流茶道協会 平成27年

25)十一世大泉道鑑 「紅葉を背景にライトアップされた瑞鳳殿における仙台藩石州流清水派の茶会」 『関』26号 全日本石州流茶道協会 平成28年

26)十一世大泉道鑑 「「政宗ワールド」フェスタにおける仙台藩茶道石州流清水派のお点前披露の意義」 『関』28号 全日本石州流茶道協会 平成30年

27)十一世大泉道鑑 「仙台市市民文化事業団主催歴史総合イベント「桃山文化やしき」における仙台藩茶道石州流清水派による講演と手前披露」 『関』29号 全日本石州流茶道協会 令和元年

28)十一世大泉道鑑 「東北福祉大学公開講座における講演「仙台藩茶道石州流清水派を通して伊達文化の真髄を学び体験する」及びその手前披露」 『関』29号 全日本石州流茶道協会 令和元年

29)十一世大泉道鑑 「仙台藩茶道石州流清水派の確立・発展に貢献した数奇大名伊達綱村公」 『仙台藩四代藩主伊達綱村公三百年遠忌記念 伊達綱村公の遺徳を偲ぶ』伊達家御廟大年寺会遠忌記念事業委員会 令和元年

30)十一世大泉道鑑「仙台藩四代藩主伊達綱村公三百年遠忌記念誌『伊達綱村公の遺徳を偲ぶ』への寄稿について」 『関』30号 全日本石州流茶道協会 令和2年

31)十一世大泉道鑑「仙台藩茶道茶道頭二世清水動閑著『動閑茶湯書』の解読と校注(その一)『露地之書』の解読研究」 『関』30号 全日本石州流茶道協会 令和2年



注記)上記写真1)~ 3)は当流の歴代の茶道頭・宗家を継承した印として現在まで伝えたられてきた。




2. 道門会々員(弟子)


1)本田道赫 「私と茶道との出会い」 『関』22号 全日本石州流茶道協会 平成24年

2)南館成美 「私と茶道の出会い」 『関』24号 全日本石州流茶道協会 平成26年

3)小坂力雄 「流祖三世清水道竿を訪ねて(その1)-入門して学んだこと―」 『関』27号 全日本石州流茶道協会 平成29年

4)御供真人 「仙台伊達文化の末席に」 『関』30号 令和2年